梅干しのせいで塩分の過剰摂取になる?

 

 

美味しいのだけれどとってもしょっぱいから塩分の取りすぎにならないか心配。
1日に摂取して良いお塩の量は男性9g未満、女性7.5g未満だそうです。
現代の食べ物は徐々に塩分が高くなってきているので普通に外食すると塩分過多になるそうです。

 

一方の梅干しはどうでしょうか。すっぱいからだいぶ塩が入っているがして、好きなのに毎日は食べられないと不安になってしまいますね。
1日1個の梅干しは昔からの製造方法のものは塩分20%以上の物が多いので厳しい。
梅干しひとつで塩は2g弱、最近の10%程度の梅干しの場合には1.0gはちみつ梅0.5gとなる。意外と少ないので安心ですね。
1日最大1個、食べすぎは禁物ですよ。

 

また塩分を排出したいときにはカリウムを一緒に食べれば、排出してくれます。
カリウムが入っている食材としては、野菜、豆類、海草、イモ類に含まれています。
同時にマグネシウムとカルシウムを食べるとさらに良いとされています。
ジャコの乗った和風サラダなんて正に理想的な料理ということですね☆

 

上品でさわやかな風味の贅沢紀州南高梅の梅干ギフト

最近ギフト商品としてお中元に送って恩師に喜んでもらえた紀州の梅干しです。

すごく上品な味なので高級志向の方にも喜んでもらえます。ちょうど良い塩分と旨みなのでご飯のお供だけではなくお料理、ソースなど色々な使い方ができるのが良いところ。

暑い季節のギフト商品にはやっぱり梅干しですよね。
塩分やその他の情報は公式HPでご確認いただければと思います。

↓↓↓クリックで商品を確認することができます↓↓↓


紀州梅干しの老舗 中田食品の公式HPはこちら

関連ページ

梅干と白米の相性が良い理由
梅干について知っておくと便利な情報を掲載予定でう。気になることがないか確認してみてください。
梅干とうなぎの相性は悪い理由
梅干について知っておくと便利な情報を掲載予定でう。気になることがないか確認してみてください。