生の青梅に毒性があるというのは本当か

生の青梅は毒がある?

 

毒があるというのは本当です。

 

青梅は熟している実ではないのです。この状態で外敵に襲われるといけないので植物は未熟な実にアミグダリンという毒がはいっていることがあります。
これは梅に限った話ではありません。

 

このアミグダリンだけでは体への毒にはならないのですが、人間の身体にある消化酵素と反応をしてシアン化合物に変換されます。
ただこのアミグダリンは青梅の実を少し食べたところで、死んだりすることはありません。
安心してください。

 

上記の通り、触ってしまったことで心配になる方もいらっしゃるかと思いますが、触るだけではまったく問題ありません。
ただ、種の中の身(仁)は食べないほうが良いです。アミグダリンが多く含まれていることがあります。

 

また、塩漬けや砂糖漬け、熱を加えた調理などがなされており、果肉の色が変われば青梅の毒性は完全に消えます。
安心して食べてくださいね。

上品でさわやかな風味の贅沢紀州南高梅の梅干ギフト

最近ギフト商品としてお中元に送って恩師に喜んでもらえた紀州の梅干しです。

すごく上品な味なので高級志向の方にも喜んでもらえます。ちょうど良い塩分と旨みなのでご飯のお供だけではなくお料理、ソースなど色々な使い方ができるのが良いところ。

暑い季節のギフト商品にはやっぱり梅干しですよね。
塩分やその他の情報は公式HPでご確認いただければと思います。

↓↓↓クリックで商品を確認することができます↓↓↓


紀州梅干しの老舗 中田食品の公式HPはこちら